全国のバストアップコンシェルジュサロン

株式会社B.C 代表 バストアップコンシェルジュ 近藤綾乃
20代の頃に下半身が太いにも関わらず、バストがまな板のようだったことがコンプレックスだった。その時の太ももは60cmもあり、食事とマッサージの研究の結果、脚痩せに成功。しかし、脚痩せには成功したがバストは小さいまま。当時お付き合いしていた彼には「バストが大きい女性と付き合いたい。胸が小さいと女性として見られない。」と言われてしまう。その時に「絶対にバストアップできる方法をみつける!」と心に決め、トータルで300万円以上の投資をし12年以上の研究を重ねた結果、バストアップと下半身痩せを叶える方法を構築。お客さまから「骨ばってまな板のようだったお胸がボリュームアップし、ボディラインの出るお洋服を自信を持って着られるようになった。」、「バストアップして彼とよりラブラブになりました♡」などのお声を日々頂いている。現在はバストアップコンシェルジュとして、たくさんのお客さまのダイエットとお胸を育てるお手伝いをするだけでなく、技術をひとりでも多くの方に届けるためバストアップコンシェルジュの養成も行う。

バストアップコンシェルジュ 青山みさ
今から約10年前、小さいバストとジーンズに乗っかる下っ腹をなんとかしたくて補正下着を着け始める。夏の暑い中での補正下着生活はなかなかの努力が必要だったが、約9年間続けた。補正下着にかけたお金は200万円は優に超える。が、バストは育たなかった。そんな中、共通の友人を通して師匠である近藤に出逢い、食事、セルフケア、施術でのバストアップに見事成功。自身の体験こそが何よりも証拠だとして、師匠の近藤の元でバストアップコンシェルジュとして活動をスタート。肉厚の手から生み出される極上マッサージが、多くのお客様より指示され、お喜びの声をいただいている。

バストを残してダイエットについて