吉野さらの恋愛コラム「アドラー心理学から学ぶ、あなたに合う男性の選び方。」

 

こんにちは♡

婚活コンシェルジュ 吉野さら です♡

 

みなさん`アドラー心理学`を聞いたことはありますか?

「嫌われる勇気」という本で知った方も多いのではないかと思います。

(最近はテレビドラマでも題材にされていましたよね♡)

 

 

アドラーは

「愛と結婚こそ、幸福の最高の形だ」

と明言していて

「愛と仕事と友情」にフォーカスし、`幸福`について語っています。

 

記事のタイトルに`男選び`と書きましたが、

女性にも求められる要素かと思います。

 

なので、今からご紹介する「結婚したいと思われる要素」を

自分が持ち合わせているかをチェックしてみるのもおすすめです♡

 

 

┃結婚相手を選ぶときに重要な6つの要素

 

①知的な適合性

知能レベルが同じくらい。つまり、価値観や感覚が似ている人。
ここでいう知能とは、決して学力ではないと私は思っているのですが、
統計的にみると、知能は学力に比例する傾向があることは確かですよね。
頭の良さが同じくらいだと、良いと思うものが似ていたり、
反対に、悪いと思うものも自然と似ていたりする傾向にあります。
それが`価値観の一致`に繋がり`合う`と感じるのでしょう。

②身体的な魅力

外見が自分好みだと良いな♡と思うのは、誰しもが持っている感情だと思います。
`外見より中身`といえども、やはり見た目も好感を持ってもらえると
うまくいくのは確実だと思います。

③友情を作り、維持する能力

友情を大切にし、長いお付き合いが出来るひとは、
同じように恋人とも長く付き合うことが出来る傾向にあるようです。
友人であっても恋人でも、相手を尊重し、大切に出来ないひとは
結婚相手のことを大切にし、関係を継続していくことは出来ないでしょう。
(友情や恋愛関係を維持出来ないひとが多いのは、他の要素が大きな原因となっている可能性も大きいです。)

④自分よりもパートナーに大きな関心を持っている

自分のことよりも、相手のことを常に気にかけて大切に出来るひと。
おそらく、女性が一番出来ていないところだと思います。
自分では出来ていると思っていても彼と良い関係を継続出来ないひとは
誤った認識を持っている可能性があります。
男性が口では「君を大切にしている」と言っていても、行動が伴っていない場合があります。
口先だけの男性ではなく、実際に行動で示してくれることを基準にしましょう。
女性側ももちろん、口先だけはNGですよ。

⑤自分の仕事をうまくやっていく能力

自分自身の仕事を一生懸命にこなし、続けていけるひとは
コミュニケーション能力が高い傾向にあります。
対人関係の能力の高さは、結婚生活を送る上でも重要です。

⑥お互いに協力し合う姿勢がある

近年、共働きが当たり前になってきましたが、家事や育児をしっかり手伝ってくれる人が良いですよね。
このポイントが備わっているかどうかは、親や兄弟に対して
日頃から協力的かどうかで判断するといいですよ。

 

いかがでしたか^^?

 

どの項目も当たり前のようですが、

全てをパーフェクトに持ち合わせている方は少ないのではないでしょうか。

 

`理想の男性`や`理想の結婚`が分からないという方は参考にしてみて下さいね。

それと同時に自分自身がこの`6つの要素`を見られているんだ。

という意識をして行動をすれば、あなたにも変化が訪れると思いますよ♡

 

 

PAGE TOP